水光注射

水光注射アイキャッチ

「水光注射ってどんなもので、どのような効果があるんだろう?」
「水光注射ができるクリニックを探していて、料金とか知りたい」

このような疑問やお悩みをお持ちではないでしょうか?

美容皮膚科スマートスキンクリニックが、このような疑問・お悩みが解決するように専門的立場から分かりやすく解説致します。

※料金が知りたい方は、以下の目次から気になる項目を選択していただくと飛ぶことが可能です。

目次

水光注射とは

水光注射とは、皮膚の真皮と呼ばれる浅い層へ、お悩みに合わせてセレクトした薬剤をダイレクトに注入する肌質改善施術になります。セレクトした薬剤によって効果は多岐に渡ります。お悩みや希望に合わせてあなたに合った薬剤を選定致します。

また薬剤以外の作用として、水光注射の機械自体が細い針を刺すことにより、「創傷治癒」という身体の働きにより、肌再生、コラーゲン増生効果も持っています。

水光注射の効果

水光注射で注入する薬剤によって得られる効果は様々です。以下では、多くの薬剤で共通して得られる効果を記載しています。

・肌の保湿

・ハリツヤの向上

・小じわの改善

・毛穴の開き、黒ずみの改善

・くすみ感の改善、トーンアップ

・肌質改善

・ニキビ、ニキビ跡の改善

水光注射の特徴

好みの薬剤を選択可能

ジュベルック、リジュランなど韓国でも人気の薬剤をお好みに合わせて選択することが可能です。

医師による診断で、あなたに最適な薬剤を提案可能

「何をやったら良いか分からない・・・」という方でも、医師による診察で、あなたに合わせた最適な薬剤をいくつかご提示させていただきます。

施術時間が短い

医師による全体への注射の場合、1ヵ所ずつ打つ必要がありますが、水光注射の場合針が9針付いており、ワンショットで9針注入することができますので、施術がスピーディーとなります。

肌の奥にアプローチ可能

肌の奥の「真皮」にダイレクトに有効成分を注入できるため、肌の内部から薬剤が効果を発揮します。

吸引しながら注射する仕組みで痛みを軽減

水光注射は針を刺す瞬間に吸引を行いながら実施します。この吸引する仕組みにより、ただ針を刺すよりも痛みが軽減されることが分かっています。

水光注射(機械打ち)が開発された背景

水光注射は日本では2010年代頃から使用されるようになった機械になります。

開発の背景として、” 医師による手打ち注射における「課題」を解決する “という目的が開発メーカーにはあったようです。

それでは、「医師の手打ち注射」の課題はどのようなものなのかご紹介します。

※医師の技術力には差があるので、全ての医師に当てはまる課題ではないことにご留意ください。

①一貫性を保ちにくい

手打ちによる注射では、注入の深さや投与量を一定で実施し続けることが難しいのは想像できるかと思います。その結果、お顔の部位毎や、施術するごとに、品質にバラつきが生じることがあると言われておりました。

②技術依存性/属人性が高い

①については、逆に言えば医師の技術力が高ければ課題にはなりません。一方で全ての医師の技術力が高いわけではないので、個別の医師の技術力に依存してしまう状況がありました。

③時間効率

手打ち施術は時間がかかることがあり、多くのお客様に施術することが難しいという課題がありました。

④疲労による精度の低下

手打ちの場合には、深さ、投与量に集中力が要求される為、1日で様々なお客様の診察・施術をすると疲労による精度の低下が起こる可能性がありました。

⑤医師しか施術ができないため価格が高い

良い注入製剤があっても、注射施術の場合医師しか施術ができないという状況がありました。医師にしかできない業務は多岐に渡るため、医師が施術する場合には価格が高くなってしまいます。

上記5つの課題があった為、これらを解決するために「注入用の機械=水光注射」は開発されました。

つまり、上記を解決するような性能を持つ機械が水光注射と認識していただけると良いかと思います。

このような書き方をすると「水光注射の方が医師手打ちより優れている」と思われるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。次に、それぞれの良い点、悪い点(限界)について解説致します。

水光注射と医師の手打ちはどちらが優れているのか?

先程までの話だと「水光注射の方が医師手打ちよりも優れている」「水光注射は医師手打ちの上位互換である」と認識されてしまうかもしれません。

結論からお伝えすると、お客様の状況・目的によって最適な施術方法・優れている方法は変わります。

それぞれの施術方法に、良い点と悪い点(限界)があり、医師の注入にしか出せない独自の価値もあります。

お客様視点でどのような良い点、悪い点(限界)があるのか解説致します。

水光注射の良い点

  • 技術力の差が生じにくいため、クリニックによらず安心して施術を受けやすい
  • 受けたい製剤を医師手打ちより低価格で受けることが可能

水光注射の悪い点(限界)

  • 注入製剤が100%皮膚内に注入できず、数%漏れる場合がある、医師手打ちの場合には、基本的には100%注入できる。そのため、高い注入製剤の場合もったいない場合がある
  • 細かく注入の深さ、投与量をカスタマイズできないので、お顔全体施術の場合に、部位毎に悩みが異なる場合には、部位毎に最適化した深さ・投与量で注入できない

医師手打ち注射の良い点

  • お客様一人一人の部位毎の肌の状態、お悩み、希望に合わせて、注入の深さ・投与量をカスタマイズして注入が可能である
  • 注入製剤がほとんど漏れることなく、100%肌に注入できる
  • 医師の習熟度によっては、水光注射よりスピーディーかつ痛みを少なく施術できる場合がある

医師手打ち注射の悪い点(限界)

  • 医師によって技術力に差が生まれる。属人性が高い
  • 医師にしかできない業務が他にもある為、水光注射と比較し価格が高くなる

上記の良い点、悪い点(限界)を確認いただき、ご自身にあった方法を選ぶようにしてみてください。

スマートスキンクリニックの水光注射の薬剤一覧

当院では、お客様のお悩みや希望に幅広くお応えできるよう豊富な薬剤を準備しております。ご希望の薬剤をお伝えいただいても良いですし、分からない場合は医師診察により最適な施術をご提案させていただくことも可能です。

ジュベルック

米国FDA、韓国KFDAの承認を受けた韓国で大人気の製剤。※FDA、KFDAは日本の厚生労働省にあたる機関

実際に、韓国ConsumerAwardという賞を2022、2023年連続受賞をしています。また、韓国では40万人以上が既に受けています。(2023年12月時点)

成分としては、非架橋ヒアルロン酸と『ポリ乳酸(PDLLA:Poly-DL-lactic acid)』を含有しています。注入後に1~2年かけてゆっくりと体内に吸収され、その間に線維芽細胞を刺激しコラーゲンやエラスチンを自然に増やしてくれ、持続的な効果が期待できます。

ジュベルックについてさらに詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

エクソソーム

エクソソームはアンチエイジング作用で注目されており、肌の再生、若返りの効果に期待ができます。

スマートスキンクリニックでは、臍帯由来の純度99%のエクソソームを採用しています。

エクソソーム水光注射について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

ジャルプロ(クラシック)

2005年から使用されており、100万件以上の症例実績のある製剤です。生産工場がイタリア・ミラノにあることに由来し、「ミラノ注射」とも呼ばれます。

成分としては、低分子非架橋ヒアルロン酸+アミノ酸4種類を主成分として含有しています。

ジャルプロについてさらに詳しく知りたい方は以下もご覧ください。

スネコス

イタリア製で、CEマーク クラスⅢという欧州安全基準適合の承認を取得しており、欧州においては医療機器としての認可を受けた注入剤になります。

成分としては、非架橋ヒアルロン酸と6種のアミノ酸を主成分として含有しています。このヒアルロン酸とアミノ酸の配合比率が、国際特許を取得した特殊配合となっています。そして、この比率がコラーゲン・エラスチン産生において効率的な比率であることが立証されております。

スネコスについてさらに詳しく知りたい方は以下もご覧ください。

リジュラン(HB)

成分としては、サーモンのDNAから抽出した「ポリデオキシヌクレオチド(PDRN)」を含有しています。サーモンの成分を用いているため、「サーモン注射」と呼ばれたりすることもあります。

「ポリデオキシヌクレオチド」という成分は、成長因子の増産や毛細血管の循環促進、抗炎症作用、DNAの再合成など様々な効果を持っています。

またリジュランには「アスタキサンチン」という成分が含有されており、高い抗酸化作用を持っており、ビタミンEの1,000倍程度と言われています。

キアラレジュ(≒リジュランジェネリック)

リジュランはPDRN(ポリヌクレオチド)製剤と呼ばれており、このPDRNを活用した製法は特許を取得していました。近年この特許が切れたことで、PDRNを使用した製剤が複数出てきています。

キアラレジュはPDRNが主成分の製剤であり、リジュランのジェネリックのような立ち位置の製剤となります。

症例写真(ビフォーアフター)

ジュベルック肌質改善症例①
ジュベルック肌質改善症例③
ジュベルック肌質改善症例②

スマートスキンクリニックの水光注射の” こだわり “

非架橋ヒアルロン酸の働き

皮膚の中に注入された非架橋ヒアルロン酸は、徐々に浸透吸収されます。浸透吸収される過程で線維芽細胞と呼ばれる細胞を刺激します。線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンという肌のハリやツヤを生み出す組織を活性化します。

このような作用機序によって、自然な肌のハリやツヤを向上させていきます。

施術を受けられない方

何か重篤な病をお持ちであったり、施術部位に炎症が起きているということがなければ基本的に施術可能です。

以下は「施術を受けられない方」への情報周知として記載義務がある為、参考情報として記載しておりますので、簡単に目を通していただければと思います。

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 免疫機能に異常を有する又はその既往歴のある方、及び免疫抑制療法を受けている方
  • ケロイド形成、肥厚性瘢痕や色素異常症を発症しやすい方
  • 出血傾向のある方又はアスピリンなどの非ステロイド性消炎鎮痛剤やワルファリンなど抗凝固剤を使用している方
  • 薬剤注入箇所に過度の日焼け、湿疹、皮膚炎、炎症の強いニキビ、カサブタがある方

リスク・副作用・ダウンタイム

リスク・副作用・ダウンタイムはお客様にとってほとんど同じ意味合いになるかと思いますので、まとめてご説明致します。

水光注射では、9個針が付いたスタンプのようなものを刺して薬剤を注入していきます。ですので以下のような反応が起こります。

注射した部位に、赤み、腫れ(膨らみ)、痛みが起こる。

上記の反応は、個人差があり最短2日~最長10日程度の期間になります。平均的には3~5日程度になります。

施術直後の状態を2例ご紹介致します。見ていただくと分かりますが、同じ条件で施術をしても肌質・体質により個人差が生まれてしまいます。

施術直後①
施術直後②

もう1点必ずお伝えしているのが、「内出血」が起こる可能性についてです。こちらは、誤った認識をされてしまう場合がございますので、丁寧に解説させていただきます。

まず以下をご覧ください。

治療の特性上、必ずではありませんが、注射針の穿刺部位に内出血が起こる可能性があります。内出血が生じた場合、1週間~2週間かけて徐々に消退していきます。

こちらに記載のように内出血が一定の頻度(約3~10%)で起こってしまいます。

内出血とは皮膚の下にある「血管(静脈と呼ばれる)」に針が当たり、血管が少し破れることで血が出てしまい、それが固まったものです。

つまり、起こさないようにするためには「血管に当たらなければ良い」ということになりますが、この血管(静脈)というのは非常に細い、かつ人によって走行(どこにあるか)が異なります。ですので、100%防ぐということはできないのです。

スマートスキンクリニックでは、でき得る限り内出血を起こすリスクを下げるよう努力しております。この点をご理解の上ご来院いただけますと幸いです。

ダウンタイムの経過一例

施術直後

直後

赤み、腫れ、内出血、ヒリヒリ感、点状出血、注射痕などの症状があらわれます。肌はボコボコ感やザラツキを感じることがあります。

赤みや腫れなどの症状が辛いときは、冷やすことで緩和可能です。メイク、入浴、飲酒は控えましょう。

1時間後
3時間後

翌日~2日後

翌日
2日後

5日後

4日後

施術1週間後

ほとんどの症状が治まります。内出血がある場合、術後10日くらいまで 残ることがあります。また、薬剤にもよりますが、この頃から美肌効果を実感される方もいます。

1週間後

アフターケア|施術後の生活アドバイス

まず「何をしてはいけないのか」項目をまとめ、その後にその理由を詳細にご説明致します。

それではまず施術後に「してはいけないこと」を以下にまとめます。

【24時間以内にやってはいけないこと】
・激しい運動
・サウナ
・熱い温度の入浴
・過度の飲酒
・レチノール、ハイドロキノンクリームの使用

【24時間以内は避けた方が良いこと】
・運動
・入浴
・飲酒
注入部位のお化粧 ※24時間後(翌日でも一応可)からOKです

【24時間以内にやっても良いこと】
・洗顔|摩擦を起こさないようにやさしく実施してください
・スキンケア|刺激の少ない化粧品を使用の上、保湿メインで実施してください

【1週間以内は避けた方が良いこと】
・施術部位周辺のマッサージ
・レチノール、ハイドロキノンクリームの使用

それでは次に「なぜやってはいけないのか」理由を簡潔に解説致します。

薬剤を注入した部位は、軽い「炎症が起きている状態」になっています。

炎症というのは簡単に言えば「元の状態に戻るために身体が頑張ってくれている状態」と言えます。注入部位を改善しようと頑張ってくれていますので、そっとしておいてあげるのが良いのです。

「24時間以内にやってはいけないこと」に共通するのは、「血流が過度に良くなってしまったり、熱が加わるということ」になります。これらは炎症を助長してしまいますので、その結果「炎症性色素沈着」と呼ばれる症状を起こしたり、治りが遅くなる可能性があるのです。

要するに、「炎症を助長しないように、刺激を加えず、自然な治りを待ちましょう」ということです。

料金

ジュベルック

3cc
1回43,800円 → 39,420円
(1ccあたり13,140円)
3回セット119,400円 → 95,520円
(1回あたり31,840円
4cc
1回51,920円 → 46,728円
(1ccあたり11,682円)
3回セット149,400円 → 119,520円
(1回あたり39,840円
6cc
1回58,800円 → 52,920円
(1ccあたり8,820円)
3回セット164,400円 → 131,520円
(1回あたり43,840円

麻酔の必要性|高い

価格は麻酔代など全て込みの価格表示になります。
この施術は麻酔が推奨されているため、基本的にクリーム麻酔・局所麻酔を実施した上で行うのが標準だからです。

投与量(cc)の選び方の解説
  • 当院では、他院の表記に合わせて検討しやすいように「3cc」もご用意しています
  • 一方で、顔全体(全顔)の場合には3ccでは十分な「密度」で施術ができない為、最大限の効果を希望されている方は以下を参考に選んでいただくと良いかと思います
  • 【パターン①】おでこや鼻から下の部分は軽くても良い ⇒ 3cc
  • 【パターン②】鼻から下は少し軽くても良いが、鼻から上はしっかりやりたい ⇒ 4cc
  • 【パターン③】鼻から下も含め、顔全体しっかりやりたい ⇒ 6cc
  • よく分からないという場合には、当日医師がご要望を確認の上、最適な容量をご提案させていただきます(当院は不要なアップセルは決して致しませんのでご安心ください)
ジュベルック投与量目安①
ジュベルック投与量目安②
ジュベルック投与量目安③

エクソソーム【臍帯由来】

6cc(顔全体)
1回36,800円
3回セット101,400円
(1回あたり33,800円)
4回セット119,200円
(1回あたり29,800円

麻酔の必要性|高い

価格は麻酔代など全て込みの価格表示になります。
この施術は麻酔が推奨されているため、基本的にクリーム麻酔・局所麻酔を実施した上で行うのが標準だからです。

ジャルプロ(クラシック)

3cc
1回29,800円
(1ccあたり約8,940円)
4回セット107,200円
(1回あたり26,800円)
4cc
1回35,200円
(1ccあたり7,920円)
4回セット128,800円
(1回あたり32,200円
6cc
1回47,880円
(1ccあたり7,182円)
4回セット179,520円
(1回あたり44,800円

麻酔の必要性|高い

価格は麻酔代など全て込みの価格表示になります。
この施術は麻酔が推奨されているため、基本的にクリーム麻酔・局所麻酔を実施した上で行うのが標準だからです。

スネコス

3cc
1回26,800円
4回セット99,200円
(1回あたり24,800円
6cc
初回39,800円
1回44,800円
4回セット159,200円
(1回あたり39,800円

麻酔の必要性|高い

価格は麻酔代など全て込みの価格表示になります。
この施術は麻酔が推奨されているため、基本的にクリーム麻酔・局所麻酔を実施した上で行うのが標準だからです。

リジュラン(HB)

2本(2cc)
1回62,200円
3回セット179,400円
(1回あたり59,800円
4回セット228,800円
(1回あたり57,200円

麻酔の必要性|高い

価格は麻酔代など全て込みの価格表示になります。
この施術は麻酔が推奨されているため、基本的にクリーム麻酔・局所麻酔を実施した上で行うのが標準だからです。

キアラレジュ(リジュランジェネリック)

※リジュランと同様のポリヌクレオチド(PDRN)製剤

1本(2.2cc)
1回24,800円 → 22,320円
3回セット68,400円 → 58,140円
(1回あたり19,380円
4回セット79,200円 → 63,360円
(1回あたり15,840円
2本(4.4cc)
1回34,800円 → 31,320円
3回セット92,400円 → 78,540円
(1回あたり26,180円
4回セット115,200円 → 92,160円
(1回あたり23,040円
3本(6.6cc)
初回36,800円
1回39,800円 → 35,820円
3回セット104,400円 → 88,740円
(1回あたり29,580円
4回セット131,200円 → 104,960円
(1回あたり26,240円

麻酔の必要性|高い

価格は麻酔代など全て込みの価格表示になります。
この施術は麻酔が推奨されているため、基本的にクリーム麻酔・局所麻酔を実施した上で行うのが標準だからです。

施術の流れ

STEP
予約

スマホで簡単に予約できます。

STEP
受付

名前をお伝えいただくだけで、クリニックのITシステムで即完了できる「スマート」で簡単な受付です。

STEP
カウンセリング・診察

カウンセリングでは、気になることは何でもご相談ください。強引な営業はありませんので、ご安心ください。

STEP
水光注射注入

お声かけをしながら注入を実施していきます。

STEP
アフターケア

施術箇所のケア・日常生活の注意点などを詳しくご説明致します。また、お悩みの改善効果が期待できる内服薬、スキンケア化粧品など、予防と維持の観点から、適切なホームケアもご提案しております。

STEP
ご帰宅

よくある質問

1回で効果はありますか?

1回でももちろん効果あります。薬剤によっては3,4回セットで繰り返した方が効果が高いものがあります。

普通のヒアルロン酸注射とは何が違いますか?

従来のヒアルロン酸注射は、「物理的」にヒアルロン酸を皮膚の下に入れることでボリュームを出していました。水光注射で使う非架橋ヒアルロン酸は、まるで化粧水のように浸透し、肌の線維芽細胞を刺激し、自然にコラーゲン生成などを行うことでボリュームを出してくれます。

施術後にメイクはできますか?

お肌全体に小さな穴の空いた状態となっているので、24時間程度は避けていただくことを推奨しています。

何で水光注射という名前なんですか?

韓国の女優さんのような、水のように光っており、美しい肌を表現して水光皮膚(水光肌)と呼ばれるようになりました。そのような「水光肌」を目指す「注射」なので、「水光注射」と名付けられました。

詳細情報

施術時間30~40分程度(カウンセリングは含まず)
推奨施術回数・頻度薬剤によって異なりますが、おおよそ2週間~4週間程度の間隔で3~4回程度実施を推奨しています。
ダウンタイム2~3日程度
カウンセリング当日の施術可能
メイク24時間程度後から可能
スキンケア施術直後から可能
シャワー当日から可能
痛み針を刺す際にチクッとした痛みあり
※個人差があります

【法的記載事項】

水光注射には、国内未承認医薬品または医療機器を⽤いた施術が含まれます。治療に⽤いる医薬品および機器は当院の医師の判断の元、個⼈輸⼊⼿続きをおこなったものです。

個⼈輸⼊において注意すべき医薬品等についてはこちらをご参照ください。
厚生労働省「個人輸入において注意すべき医薬品等について」

プロファイロバナー

スマートスキンクリニック

スマートスキンクリニック

「美容医療をもっと身近に、スマートに。」がコンセプトのクリニック。

華美な内装をなくし内装費を削減したり、闇雲に機器を導入するのではなく、必要な機器を厳選し、機器にかかるコストも削減。

あなたにとって「美容医療をもっと身近に」を目指しています。

当院の特徴
内装
機器
立地

住所:東京都千代田区神田錦町3-16-1 EX神田錦町ビル 8階
診療科目:美容皮膚科(美容皮膚科・医療脱毛・医療痩身)

住所:東京都千代田区神田錦町3-16-1 EX神田錦町ビル 8階
診療科目:美容皮膚科(美容皮膚科・医療脱毛・医療痩身)

当サイトの医師監修について

当サイトの医師監修について


当サイトはスマートスキンクリニック監修医師の監修の元運営を行っております。

このページは、2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」に基づき医療機関としてウェブサイトを運営し、また当院の監修医師による監修のもと制作しております。

このページは、2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」に基づき医療機関としてウェブサイトを運営し、また当院の監修医師による監修のもと制作しております。

目次